進路結果

卒業生の声

部活、友人に支えられて悔いなく過ごせた高校生活

周磨 幸一さん
東京工業大学 第6類
村山学園第二中学校
特進コース

僕は東京工業大学の第6類で建築の勉強をしています。将来何になりたいという目標はまだありませんが、少しずつ建築に興味がわいてきています。今はトレースの授業が中心で、だいたい20日間で1つの課題をこなして提出します。トレースとはすでにある図面を正確に書き写す作業で、決まった方法で書き写していくのですが、書き上げるまでに時には徹夜もします。提出する課題は成績にもつながるので、手を抜くことはできません。課題をこなすのは大変なのですが、高校からやっていたダンスは今でも続けています。大学からは「ブレイク」というストリートダンスをやっています。体全体を回転させたりと動きも結構早いのですが、踊っているところを見るととてもかっこよくて、自分でもやってみたくなりました。

錦城高校は第一志望ではありませんでしたが、錦城での3年間に後悔はありません。いいところのひとつは、勉強ばかりではなく、部活や学校行事などいろいろなことがたくさんできること。思い出すのが、合唱コンクールで3賞すべてに輝いたことです。2年生のときだったと思いますが、友人が指揮者、僕がピアノ伴奏者で、指揮者賞、伴奏者賞、金賞とすべて僕たちのクラスが獲得しました。とてもうれしかったです。また、錦城の生徒はとてもいい人が多い。僕はダンス部でしたが、同学年の男子は僕を含めてたった3人!たまたま同じクラスで勉強でも部活でも一緒に頑張り、今でも連絡を取り合っています。

大学受験に関しては、学校で最初に購入した問題集を繰り返しやりました。何度も解いているとパターンが見えて、ひとつずつクリアしていくことで、問題を見れば当てはまるパターンが浮かぶようになります。一人で勉強したほうが頭に入るタイプなので、自宅で勉強することが多く、分からないことは友達に聞いて解決するという方法で乗り切りました。実は東工大よりもう少し上の大学を目指していたのですが、精一杯頑張ったので悔いはありません。

錦城のいいところをもうひとつ伝えるなら、1学年の人数が多いのでいろいろな人に出会えること。自分に似たキャラの人もいれば、反対の人もいる。話をすることで相手に合わせて対応ができるようにもなります。会話を通していろいろなことを知ったり、知っていることを教えたりもできます。また、部活もたくさんあるので、勉強以外も楽しめる高校生活が送れると思います。

進学コースから放課後講習と独自の勉強法で難関国立大学に合格

岸 菜奈子さん
東京外国語大学 言語文化学部 フランス語科
小平市立小平第三中学校
普通コース(現進学コース)

私は東京外国語大学でフランス語の勉強をしています。1年生で文法がほぼ終わり、これからは仏会話、仏作文やフランスの小説の読解が中心になります。フランス語に興味を持ったのは、世界史の資料集で見たヴェルサイユ宮殿に行ってみたいと思ったからです。外大生は専攻語の国に留学する人が多く、私も3年生になったらフランスに1年間留学したいと思っています。一般教養科目では舞台芸術を勉強しました。高校時代に後夜祭や三送会で照明係をやっていたこともあって演劇に興味が湧き、将来はその道にすすんでもいいかなと考えています。

錦城高校ではとても楽しい3年間を過ごせました。1年のクラスはとても仲がよく、親友が初めてできました。2・3年は同じクラスで、さらに盛り上がりました。また、部活や委員会活動にも所属し、それぞれでコミュニケーションが取れる仲間ができました。錦城に入って性格も明るくなり、先輩・後輩にも恵まれ、また演劇を知るきっかけになった先生にも巡り合え、とてもいい環境だったと思っています。

私はずっと勉強が好きではなく、やりたいときに勉強するのがいいと思い、3年間を普通コース(現・進学コース)で過ごしました。うれしかったことは、模試で特進の子たちを抜かし、何回か1番になったことです。私の場合、先生が配ってくれたプリントをノートに貼り、それを覚えるように勉強しました。問題集を解いていて分からなくなったらそのノートに戻ります。例えば古典なら、推量の「む」を確認したら、「ほかにも推量の言葉があったな」と別のページに飛んで、それらを関連付けて覚えていきました。そして時間はかかるけれど、書いて、口に出して、を繰り返しました。英語は、小4から英語教室に通ったりビデオ教材を見たりして親しんでいました。大学受験に関して思い出深いのは、3年生のとき、外大を受験する普通コースの生徒のために、英語の先生が好意で英作文の講習を行ってくれたことです。半年ぐらいでしたが、週4回、放課後に一生懸命教えてくださり、これが楽しくて本当にためになりました。

錦城高校は小テストが多いことで有名ですが、これをしっかりこなしていけば大学受験は怖くありません。小テストは基礎の基礎を身につけるためのもので、ひとつずつクリアしていけば1年で基礎が身につき、後がとても楽になります。錦城には勉強以外にも、部活や委員会、いろいろな人との巡り合いの場がたくさんあります。それを楽しんでもらいたいと思います。

Copyright© KINJO HIGH SCHOOL. All Rights Reserved.